名古屋大学グローバルCOEプログラム マイクロ・ナノメカトロニクス教育研究拠点
ENGLISH
サイトマップ
名古屋大学
HOME プロジェクト概要 組織メンバー 研究成果 人材育成 リンク

 

マイクロ・ナノメカトロニクス教育研究拠点トップ > 組織メンバー - 組織メンバー紹介

組織メンバー

 組織メンバー紹介


教授 上田 実 
所属
医学系研究科細胞情報医学専攻
主な研究分野
再生医療
Phone
Fax
メール
URL
http://www.med.nagoya-u.ac.jp/koge/
研究紹介
再生医療のための培養皮膚など、さまざまな組織再生の臨床応用技術を確立。培養皮膚・注入型培養骨の生産など、臨床応用のための事業化に向けた技術指導にも積極的に取り組んでいる。
(研究1 細胞による皮膚の再生医療)
細胞を使って皮膚を再生させることができる。細胞は、皮膚を覆う細胞以外にも、皮膚の中にあって皮膚を支える機能を持った細胞もいる。このような細胞は、コラーゲンなどの基質を作るだけでなく、皮膚を健康に維持するために必要な因子を出していることが解ってきた。特に口腔粘膜の中にある細胞は、皮膚を健康に保つために必要な様々な可能性に注目して皮膚の治療に役立てようとするものである。
口の中の粘膜は、傷が早く直ることや、傷跡が残りにくいなどの特徴があるが、その理由はよく知られていなかった。われわれは、この粘膜の繊維芽細胞の特徴を解明することで、皮膚に対する新たな治療へと結びつけるための研究を行っている。
(研究2 注入型培養骨)
さまざまな要因で骨が失われると形態や機能に差障りが生じる。その回復には自分の骨を移植するのが最も有効であるが、その骨をからだのどこから工面しなければいけないのかが問題であっった。これを解決するのが「培養骨」であり、培養して増やした「骨を作る細胞」とその「成長因子」を組み合わせたものである。流動性があるため大きな手術をしなくても必要なところに注入して送り込むことができ、数ヶ月すると体内で骨になる。
培養骨は自分の細胞と血液が材料である。その採取は容易でまた少量ですみ、もともと自己成分であるため体内で完全な馴染みがえられる。さらに一度もとになる細胞が得られて凍結保存できれば、必要なときに解凍して何度でも増やすことができる。生体の一部を体外の適切な環境下で育て、最適な移植材料にするのである。
代表的な論文
<主な発表論文>
(1)Y. Ando, M. Honda, H. Ohshima, A.Tonomura, T. Ohara, T. Itaya, H. Kagami, M. Ueda, The induction of Dentin Brodge-Like Structure by Constructs of Subcultured Dental Pulp-Derived Cells and Porous HA/TCP in Porcine Teeth, Nagoya Journal of Medical Science, Vol.71, No.1, 2, 2009
(2). Okabe, Y.Yoichi, K. Ito, T. Kohgo, R. Yoshimi, M. Ueda Injectable soft-tissue augumentation by tissue engineering and regenerative medicine with human mesenchymal stromal cells, platelet-rich plasma and hyaluronic acid scaffolds, Cytotherapy Vol.11 No.3, 307-316, 2009
(3)T. Oda, K. Kinoshita, M. Ueda, Effects of Cortical Bone Perforation on Periosteal Distraction: An Experimental Study in the Rabbit Mandible, J. Oral Maxillofac Surg, 1478-1485, 2009
(4)M. Ueda, Y.Yamada, H. Kagami, H.Hibi, Injectable Bone Applied for Ridge Augmentation and Dental Implant Placement: Human Progress Study, Implant Dentistry Vol.17 (1), 82-90, 2008
(5)Agata, H., Asahina, I., Yamazaki, Y., Uchida, M., Shinohara, Y., Honda, M.J., Kagami, H., and Ueda, M. Effective Bone Engineering with Periosteum-derived Cells, J Dent Res 86(1): 79-83, 2007
(6)Mizuno, D., Kagami, H., Mizuno, H., Mase, J., Usami, K., and Ueda, M. Bone regeneration of dental implant dehiscence defects using cultured periosteum membrane, Clin Oral Impl Res, 2007 (Accepted)
(7)Honda, M.J., Tsuchiya, S., Sumita, Y, Sagara, H., and Ueda, M. The sequential seeding of eqithelial and mesenchymal cells for tissue-engineered tooth regeneration, Biomaterials 28: 680-689, 2007
(8)Shimizu, K., Ito, A., Arinobe, M., Murase, Y., Iwata, Y., Narita, Y., Kagami, H.,,Ueda, M., and Honda, M.J.,. Effective Cell-Seeding Technique Using Magnetite Nanoparticles and Magnetite Nanoparticles and Magnetic Force onto Decellularizad Blood Vessels for Vascular Tissue Engineering. J Biosci Bioeng,Vol.103,No.5,472-478,2007
(9)Ohya, M., Yamada, Y., Wada, K., Watanabe, K., Ozawa, R., Hibi, H. and Ueda, M. Bone regeneration method using mesenchymal stem cells (MSCs) and platelet-rich plasma (PRP) complexes for sinus floor elevation in rabbits, Dent Jpn 42: 61-64, 2006
(10)Ueda, M., Yamada, Y., Ohya, M. and Hibi, H. Use of tissue-engineered bone cells for sinus augmentation with simultaneous implant placement, Quintessence books ‘The Sinus Bone Graft’ (Edited by Ole Jensen): 341-348, 2006
(11)Ito, K., Yamada, Y., Naiki, T. and Ueda, M. Simultaneous implant placement and bone regeneration around dental implants using tissue-engineered bone with fibrin glue, mesenchymal stem cells (MSCs) and platelet-rich plasma (PRP), Clin Oral Impl Res 17: 579-586, 2006.
(12)Tatebe, M., Nakamura, R., Kagami, H., Okada, K. and Ueda, M. Gene-environment interaction involved in oral carcinogenesis: molecular epidemiological study for differentiation of transplanted mesenchymal stem cells in a large osteochondral defect in rabbit, Cytotherapy 7(6): 520-530, 2006
(13)Ueda, M., Yamada, Y., Ozawa, R. and Okazaki, Y. Clinical case reports of injectable tissue-engineered bone applied for alveolar augmentation with simultaneous implant placement,  Int J Periodontics Restorative Dent 25 (2): 129-135, 2005
(13)Ueda, M. Tissue engineering research in oral implant surgery, Artif Organs 25(3): 164-171, 2005
(14)Tatebe,M., Nakamura, R., Kagami, H., Okada, K. and Ueda, M. Differentiation of transplanted mesenchymal stem cells in a large osteochondral defect in rabbit, Cytotherapy 7(6): 520-530, 2005
(15)Sojo, K., Sawaki, Y., Hattori, H., Mizutani, H. and Ueda, M. Immunohistochemical study of vascular endothelial growth factor (VEGF) and bone morphogenetic protein-2, -4 (BMP-2, -4) on lengthened rat femurs, J Oral Maxillofac Surg 22: 238-245, 2005
(著書)
・ Use of Tissue-Engineered Bone Cells for Sinus Augmentation with Simultaneous Implant Placement,
M, Ueda, Y. Yamada, M. Ohya, H. Hibi, The Sinus Bone Graft Second Edition, edited by Ole Jensen 173-181, 2006
・ Maxillofacial Bone Regeneration Using Tissue Engineering Concepts, M.Ueda, Engineered Bone, Landes Bioscience, 183-192, 2005
<受賞>
1987年4月 日本歯科医学会学術奨励賞 「培養粘膜の作製と移植に関する研究」
1995年3月 Academy of Osseointegration 10th Annual Meeting 最優秀賞「Mandibular Lengthening by Intraoral Distraction Using Osseointegrated Implant」
2004年6月 日本学術会議会長賞(ヒト細胞・組織による培養表皮・培養軟骨の開発)

Copyright(C) 名古屋大学グローバルCOEプログラム マイクロ・ナノメカトロニクス教育研究拠点