名古屋大学グローバルCOEプログラム マイクロ・ナノメカトロニクス教育研究拠点
ENGLISH
サイトマップ
名古屋大学
HOME プロジェクト概要 組織メンバー 研究成果 人材育成 リンク

 

マイクロ・ナノメカトロニクス教育研究拠点トップ > 組織メンバー - 組織メンバー紹介

組織メンバー

 組織メンバー紹介


教授 大野 信忠 
所属
工学研究科機械理工学専攻/計算理工学専攻
主な研究分野
固体力学
Phone
Fax
メール
URL
研究紹介
固体材料のナノ・マイクロ・マクロスケールでの変形挙動に関する研究に従事し,日本機械学会賞論文賞,日本材料学会論文賞,ICES K. Washizu Medalなど10以上の受賞と,国内外の会議・シンポジウムでの多数の招待講演を受けており,これまでに12人の研究者(博士)を社会に送り出した.また,国際ジャーナルのEditor-in-ChiefやEditorial Boardおよび国際会議の組織委員長を務めており,固体力学分野の発展に著しく貢献している.
1.研究業績
1) ナノ・マイクロ塑性の解析 転位の自己エネルギーに基づくすべりこう配塑性理論を展開してモデル結晶粒を解析し,多結晶金属の降伏応力の粒径依存性に関する予測式を導出した.この理論式は,サブミクロン〜数ミクロンの粒径範囲で実験結果とよく一致し,塑性流動応力の転位セル径依存性に関してもよい予測を与えることが示された.これらの結果は,固体力学分野で最も権威のあるジャーナルに掲載されるとともに(’07年),国際会議の招待講演として発表され(’06〜’07年),インパクトの高い優れた研究成果として注目されている.
2) 均質化法の構築と応用 ミクロ構造を有する固体材料のマルチスケール理論である均質化法の研究に関しても優れた成果を上げ,時間依存変形や有限変形の場合の理論構築に成功した.特に,有限変形の均質化法に基づく微視的分岐の研究は,高比剛性の構造材料として注目されているセル状材料の微視的座屈解析を可能にするものとして大変高く評価されており,最近の国際会議で微視的座屈に関する招待講演を多数行っている.特にIMMM’01,ICM’03,ICHMM’04,ICCES’05ではPlenary Lectureを行った.
3) 非弾性変形モデルの開発 非線形動的回復に基づく移動硬化モデルを提案するとともに,その陰的積分法とコンシステント接線係数を導き,有限要素法でのインプレメンテーションを行った.このモデルは,国内外の多くの研究者により使用・研究され,その原著論文(Ohno and Wang, ’93)の引用回数は160回を越えている.最近では,電子パッケージングで重要な課題となっている鉛フリーはんだを対象とした研究を精力的に行っており(日本経済新聞’02.3.29),開発された非弾性モデルは市販汎用有限要素法ソフトのユーザーサブルーチンとして実用に供されている.
2.共同研究実績
非弾性均質化法に関する研究成果を活用して三菱重工業鰍ニの共同研究(文部科学省公募研究)を行っている(’04〜’07年).また,電子パッケージ等の非弾性解析に関する共同・受託研究を,この5年間に約10社と行った.
3.本事業との関連性
 転位の自己エネルギーに基づくすべりこう配塑性理論をさらに発展させ,ナノ・マイクロスケールでの塑性変形理論の開発およびマクロスケール挙動とのブリッジングを手がけたい.
代表的な論文
<主な発表論文>
(1) Higher-order stress and grain size effects due to self-energy of geometrically necessary dislocations, N. Ohno, D. Okumura, J. Mech. Phys. Solids, 55-9, 1879-1898, 2007.
(2) Fully implicit formulation of elastoplastic homogenization problem for two scale analysis, T. Asada, N. Ohno, Int. J. Solids Struct., 44-22/23, 7261-7275, 2007.
(3) A homogenization theory of strain gradient single crystal plasticity and its finite element discretization, D. Okumura, Y. Higashi, K. Sumida, N. Ohno, Int. J. Plasticity, 23-7, 1148-1166, 2007.
(4) Elasto-plastic simulation of stress evolution during grain growth using a phase field model, T. Uehara, T. Tsujino, N. Ohno, J. Crystal Growth, 300-2, 530-537, 2007.
(5) Molecular dynamics simulations of shape-memory behavior based on martensite transformation and shear deformation, T. Uehara, T. Tamai, N. Ohno, JSME Int. J., Ser.A, 49-3, 300-306, 2006.
(6) Long-wave in-plane buckling of elastoplastic square honeycombs, K. Erami, N. Ohno, D. Okumura, Int. J. Plasticity, 22-9, 1569-1585, 2006.
(7) An implicit integration scheme for a nonisothermal viscoplastic, nonlinear kinematic hardening model, M. Akamatsu, K. Nakane, N. Ohno, Comp. Model. Eng. Sci., 10-3, 217-228, 2005.
(8) Long-wave buckling of elastic square honeycombs subject to in-plane biaxial compression, N. Ohno, D. Okumura, T. Niikawa, Int. J. Mech. Sci., 46-11, 1697-1713, 2005.
(9) Stress concentrations near a fiber break in unidirectional composites with interfacial slip and matrix yielding, N. Ohno, S. Okabe, T. Okabe, Int. J. Solids Struct., 41-16/17, 4263-4277, 2004.
(10) Elastoplastic microscopic bifurcation and post-bifurcation behavior of periodic cellular solids, D. Okumura, N. Ohno, H. Noguchi, J. Mech. Phys. Solids, 52-3, 641-666, 2004.
(11) Implicit integration and consistent tangent modulus of a time-dependent non-unified constitutive model, M. Kobayashi, M. Mukai, H. Takahashi, N. Ohno, T. Kawakami, T. Ishikawa, Int. J. Numer. Meth. Eng., 58-10, 1523-1543, 2003.
(12) Effects of fiber distribution on elastic-viscoplastic behavior of long fiber-reinforced laminates, T. Matsuda, N. Ohno, H. Tanaka, T. Shimizu, Int. J. Mech. Sci., 45-10, 1583-1598, 2003.
(13) Constitutive modeling of strain range dependent cyclic hardening, G.-Z. Kang, N. Ohno, A. Nebu, Int. J. Plasticity, 19-10, 1801- 1819, 2003.
(14) Microscopic symmetric bifurcation condition of cellular solids based on a homogenization theory of finite deformation, N. Ohno, D. Okumura, H. Noguchi, J. Mech. Phys. Solids, 50-5, 1125-1153, 2002.
(15) Implementation of cyclic plasticity models based on a general form of kinematic hardening, M. Kobayashi, N. Ohno, Int. J. Numer. Meth. Eng., 53-9, 2217-2238, 2002.
<受賞>
2006年 日本機械学会計算力学部門業績賞
2005年 日本材料学会学術貢献賞
2004年 日本機械学会材料力学部門業績賞
2004年 日本機械学会賞(論文)
2001年 ICES K. Washizu Medal
1998年 日本材料学会論文賞
1991年 日本機械学会賞論文賞
他5件

Copyright(C) 名古屋大学グローバルCOEプログラム マイクロ・ナノメカトロニクス教育研究拠点