名古屋大学グローバルCOEプログラム マイクロ・ナノメカトロニクス教育研究拠点
ENGLISH
サイトマップ
名古屋大学
HOME プロジェクト概要 組織メンバー 研究成果 人材育成 リンク

 

マイクロ・ナノメカトロニクス教育研究拠点トップ > 組織メンバー - 組織メンバー紹介

組織メンバー

 組織メンバー紹介


教授 佐宗 章弘 
所属
工学研究科航空宇宙工学専攻
主な研究分野
流体工学
Phone
Fax
メール
URL
http://akagi.nuae.nagoya-u.ac.jp/index.html
研究紹介
衝撃波などの圧縮性流体力学、レーザーや放電によるプラズマを利用した推進工学および関連応用の分野で研究実績を挙げている。科学研究費基盤研究Sが開始された平成13年度「レーザー駆動管内加速装置:基礎物理の解明と実用展開」で物理学の分野から採択され(当時工学分野はなかった)、中間、事後ともにA評価を得た。重点領域研究「衝撃波現象の解明」、特定領域研究「火山爆発のダイナミクス」にも研究分担者として参画した。現在、日本衝撃波研究会副会長、Fluid Dynamics Research副編集長、Shock WavesのAssociate Editor、International Symposium on Shock Wavesの国際諮問委員、International Symposium on Beamed Energy Propulsion(ISBEP)の国際プログラム委員、アメリカ航空宇宙学会(AIAA)Associate Fellowなどを務めている。編者として第3回国際ラム加速器ワークショップのプロシーディングスをSpringer社より発行、第2回、第4回ISBEPの共同議長を務めるなど、国際的な学会にも寄与している。平成19年11月には、レーザー駆動管内加速装置(LITA)考案と関連研究の実績に対してアメリカ人以外で初めてISBEP Awardを受賞した。
1. 研究業績
1)衝撃波とその応用に関する研究
 フォンノイマンパラドクスと呼ばれる衝撃波反射パラドックスを非定常流体力学の立場から解明した。新幹線のトンネルで起こるソニックブームについて高速走行時は出口対策が有効であることを室内実験と現地測定により明らかにした。ラム加速器で、全加速部の平均値として4×105m/s2の世界最高性能を達成。その他、膨張波管を用いた大気圏再突入の実験室模擬などに関して成果をあげる。
2)レーザーパルスによる力積発生とその応用
 レーザー駆動管内加速装置(LITA)を考案し作動実証した。さらに発展し、壁面からのレーザーアブレーションを利用してエネルギーも推進剤も搭載しない高ペイロード比打上げ装置の原理実証に成功。レーザーピーニングにおいて発生する特異な気泡の挙動と音響メカニズムを解明。
3)横断的分野の研究
 交通流における非線形挙動、火山爆発のダイナミクスなどに関して研究成果をあげている。
2.共同研究実績
 共著査読論文があるものに限定すると、ワシントン大学、クイーンズランド大学、シュツッツガルト大学、ソウル国立大学、プサン国立大学、中国力学研究所、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、東芝電力システム社、三菱電機、その他国内の大学、企業との共同研究実績がある。
3.本事業との関連性
 研究の骨子となっているのは、レーザー、放電などによる非定常なエネルギー入力および流体の非定常な挙動を積極的に利用して有効な力、力積を得ることである。これまでも、推進工学に限らずレーザーピーニング、騒音制御、境界層制御、レーザーアブレーションなどの分野で研究成果を挙げてきており、他の事業担当者との共同研究を進めることなどによって本事業に新しい切り口で貢献できると考える。
代表的な論文
<主な発表論文>
(1) A Sasoh, K Kikuchi, and T Sakai, “Spatio-temporal filament behavior in a dielectric barrier discharge plasma actuator,” Journal of Physics D: Applied Physics, Vol. 40, 2007, pp. 4181-4184.
(2) Takeshi Furukawa, Takanobu Aochi and Akihiro Sasoh, Expansion Tube Operation with Thin Secondary Diaphragm, AIAA J., Vol. 45, No. 1, 2007, pp. 214-217.
(3) A. Sasoh, T. Ohtani and K. Mori, Pressure effect in plasma-shock wave interaction induced by laser pulse irradiation over a parabola, Physical Review Letters, online 16 November 2006, in issue 20 of Volume 97, article 205004.
(4) Akihiro Sasoh and Shin Oshiba, Impact-less, in-tube sabot separation useful for modest-sized supersonic ballistic ranges, Review of Scientific Instruments, Vol. 77, No. 10, 2006, article 105106
(5) A. Sasoh, T. Takahashi, K. Watanabe, H. Torikai, and Q-S. Yang, Shock Tube Operation with Laser Beam Induced Diaphragm Rupture, AIAA Journal, Vol. 44, No. 5, 2006, pp. 1110-1112.
(6) A. Sasoh, K. Watanabe, Y. Sano and N. Mukai, Behavior of bubbles induced by the interaction of a laser pulse with a metal plate in water, Applied Physics A, Vol. 80, No. 7, pp.1497 – 1500, (1.22-2003), 2005.
(7) A. Sasoh, N. Urabe, S. Kim and I. -S. Jeung, Impulse scaling in laser-driven in-tube accelerator, Applied Physics A, Vol.77, pp.349-352, 2003.
(8) A. Sasoh, Nonlinear Stability of Optimal Velocity Traffic Flow Model to Unsteady Disturbance, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.70, pp.3161-3166, 2001.
(9) A. Sasoh, Y. Hamate and K. Takayama, Small-Bore Ram Accelerator Operation, Journal of Propulsion and Power, Vol.17, pp.622-628, 2001.
(10) A. Sasoh, Plural voltage minima in an arc-heated channel flow, Physics of Plasmas, Vol.8, pp.1376-1383, 2001.
(11) A. Sasoh, T. Ogawa, K. Takayama, K. Ikuta, N. Nagayasu and S. Ohtsubo, Gun Interior Ballistic Performance with Ammonium Nitrate-Alcohol Propellants, Journal of Propulsion and Power, Vol.17, pp.120-124, 2001.
(12) A. Sasoh, Laser-driven in-tube accelerator, Review of Scientific Instruments, Vol.72, pp.1893-1898, 2001.
(13) A. Sasoh and Y. Arakawa, Thrust Formula for Applied-Field Maganetoplasmadynamic Thrusters Derived from Energy Conservation Equation, Journal of Propulsion and Power, Vol.11, pp.351-356, 1995
(14) A. Sasoh, Simple formulation of magnetoplasmadynamic acceleration, Physics of Plasmas, Vol.1, pp.464-469, 1994.
(15) A. Sasoh and K. Takayama, Characterization of disturbance propagation in weak shock-wave reflections, Journal of Fluid Mechanics, Vol.277, pp.331-345, 1994.
(16) A. Sasoh and Y. Arakawa, A high-resolution thrust stand for ground tests of low-thrust space propulsion devices, Review of Scientific Instruments, Vol.64, pp.719-723, 1993.
(17) A. Sasoh and Y. Arakawa, Electromagnetic Effects in an Applied-Field Magnetoplasmadynamic Thruster, Journal of Propulsion and Power, Vol.8, pp.98-102, 1992
<受賞>
2007年 International Symposium on Beamed Energy Propulsion (ISBEP) Award
1999年 日本航空宇宙学会 論文賞
1998年 日本流体力学会 竜門賞他

Copyright(C) 名古屋大学グローバルCOEプログラム マイクロ・ナノメカトロニクス教育研究拠点