名古屋大学グローバルCOEプログラム マイクロ・ナノメカトロニクス教育研究拠点
ENGLISH
サイトマップ
名古屋大学
HOME プロジェクト概要 組織メンバー 研究成果 人材育成 リンク

 

マイクロ・ナノメカトロニクス教育研究拠点トップ > 組織メンバー - 組織メンバー紹介

組織メンバー

 組織メンバー紹介


教授 福田 敏男 
所属
拠点リーダー
ナノ制御学
工学研究科マイクロ・ナノシステム工学専攻
主な研究分野
マイクロナノシステム工学
Phone
Fax
メール
URL
http://www.mein.nagoya-u.ac.jp
研究紹介
マイクロナノレベルの視点からトップダウン及びボトムアップ的なシステム構築技術と知能化技術を取り込んだ新しいマイクロナノシステム創製工学に関して研究を行ってきた.また知能化技術を取り入れたロボットシステム研究のパイオニアとして国内外の評価が高く,マイクロナノレベルの機械システムから大規模複雑システムの自律分散制御まで統一的に扱えるシステム研究分野の第一人者である.IEEE Robotics & Automation Societyにて米国人以外では初のPresident (98-99年)を歴任し,IEEE Division X(システムと制御)のDirector(01-02年)を歴任した.国際会議運営も活発で,ロボットやシステム制御の分野で主要な国際会議の実行委員長を務めた.また90年に名古屋でマイクロマシンに関する国際会議を開催し,08年まで毎年継続して合計19回の国際会議を開催した.更にIEEE Nanotechnology Councilを創設し(02年),現在は初代President(02-05年)を務め,ナノテクノロジーの発展に大きく貢献している.日本知能情報ファジィ学会会長(03-05年)を務めた.日本学術会議メカトロニクス専門委員会ナノ・バイオ技術ウィ―ビング小委員会を組織し(01 -03年),委員長を務めている.更にIEEE/ASME Trans. MechatronicsのEditor-in-Chiefを務め(00-02年),Journal of Micromechatronics を創刊した(00年).これまで多数の賞を受賞し,大勢の学生を指導した(工学博士74名,90-09年).2008年から日本学術会議の会員として活躍している.
代表的な論文
<主な発表論文>
(1) M. Ridzuan Ahmad, M. Nakajima, S. Kojima, M. Homma, and T. Fukuda, In Situ Single Cell Mechanics Characterization of Yeast Cells Using Nanoneedles Inside Environmental SEM, IEEE Transactions on Nanotechnology, Vol. 7, No. 5, IEEE, 607-616, 2008
(2) M. Ridzuan Ahmad, M. Nakajima, S. Kojima, M. Homma, and T. Fukuda, The Effects of Cell Sizes, Environmental Conditions, and Growth Phases on the Strength of Individual W303 Yeast Cells Inside ESEM, IEEE Transactions on Nanobioscience, Vol. 7, No. 3, IEEE, 185-193, 2008
(3) L. Dong, B. J. Nelson, T. Fukuda, F. Arai, Towards Nanotube Linear Servomotors, IEEE Trans. on Automation Science and Engineering, Vol. 3-3, IEEE, 228-235, 2006 (IEEE Trans. on Automation Science and Engineering 2006 Googol Best New Application Paper Award, 2007)
(4) 元尾幸平,当田直哉,新井史人,福田敏男,関山浩介,中島正博,高速切替マイクロバルブを用いた二層流の濃度勾配生成,日本機械学会,日本機械学会論文集B編73巻731号,1486-1493,2007
(5) K. Motoo, F. Arai, T. Fukuda, Piezoelectric Vibration-Type Tactile Sensors Using Elasticity and Viscosity Change of Structure, IEEE Sensors Journal, IEEE, 2007
(6) W. Jatmiko, K. Sekiyama, T. Fukuda, A PSO-based Mobile Robot for Odor Source Localization in Dynamic Advection-Diffusion with Obstacles Environment: Theory, Simulation, and Measurement, IEEE Computational Intelligence magazine,IEEE,37-51,2007
(7) H. Maruyama, F. Arai and T. Fukuda, On-Chip pH Measurement Using Functionalized Gel-Microbeads Positioned by Optical Tweezers, Lab on a Chip, 2007
(8) T. Matsuno, D. Tamaki, F. Arai, and T. Fukuda, Manipulation of Deformable Linear Objects Using Knot Invariants to Classify the Object Condition Based on Image Sensor Information,IEEE/ASME Trans. on Mechatronics, Vol. 11-4,IEEE,401-408,2006
(9) L. Dong, B. J. Nelson, T. Fukuda, F. Arai, Towards Nanotube Linear Servomotors, IEEE Trans. on Automation Science and Engineering, Vol. 3-3,IEEE,228-235,2006
(10) M. Nakajima, F. Arai, T. Fukuda,In situ Measurement of Young's Modulus of Carbon Nanotube inside TEM through Hybrid Nanorobotic Manipulation System, IEEE Trans. on Nanotechnology, Vol. 5-3, IEEE, 243-248, 2006
(11) P. Liu, F. Arai, T. Fukuda, Controlled nanowire growth with a nanorobotic manipulator, NANOTECHNOLOGY17, Institute of Physics Publishing, 3023-3027, 2006
(12) P. Liu, F. Arai, T. Fukuda, Cutting of Carbon Nanotubes Assisted with Oxygen Gas inside a Scanning Electron Microscope, Applied Physics Letters, Vol.89, No.11, American Institute of Physics, 113104, 2006
(13) 松野隆幸,玉置大地,新井史人,福田敏男,トポロジカルモデルと結び目不変量を用いるための形状認識,計測自動制御学会論文集41巻4号, 計測自動制御学会,3463-3472, 2005
(14) F. Arai, C. Ng, H. Maruyama, A. Ichikawa, H. El-Shimy, and T. Fukuda, On Chip single-cell separation and immobilization usingoptical tweezers and thermosensitive hydrogel, Lab on a Chip, Vol. 12, Issue 5, 1399-1403, 2005
他約1700編
<受賞>
(1) 2009年George Saridis Leadership Award in Robotics and Automation
(2) 2008年SPIE 2008 Nono Engineering Award
(3) 2008年日本機械学会船井賞
(4) 2007年経済産業省「今年のロボット」大賞2007優秀賞
(5) 2007年IEEE Trans. on Automation Science and Engineering 2006 Googol Best New Application Paper Award
(6) 2007年 計測自動制御学会論文賞
(7) 2007年IEEE NTC Distinguished Service Award
(8) 2007年 化学とマイクロ・ナノシステム研究会ベストポスター賞
(9) 2006年 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ROBOMEC賞
(10) 2006年Best Paper Award in MHS2006
(11) 2006年グッドデザイン賞特別賞ユニバーサルデザイン賞
(12) 2006年 IEEE Japan Council Distinguished Service Award
(13) 2005年 SI2005ベストセッション講演賞
(14) 2005年 計測自動制御学会SI部門 学術業績賞
(15) 2005年Best Poster Award in MHS2005
(16) 2005年Best Poster Award in IEEE-NANO 2005
(17) 2005年 文部科学大臣表彰科学技術賞
(18) 2005年 IEEE RAS Distinguished Service Award 
(19) 2004年 IEEE Pioneer Award in Robotics and Automation
他多数受賞

Copyright(C) 名古屋大学グローバルCOEプログラム マイクロ・ナノメカトロニクス教育研究拠点